ベラジョンはイカサマなのではないのか?

これはインターネットカジノ
経験がない初心者の方に
よくある質問として挙げられています。
2015-09-28_003830
運営者側がいくらでも
データや操作できるのではないか

というなにげない
疑問が浮かび上がってくるのも
ごく自然のことと思います。

ですが「ベラジョンはイカサマ行為を行っていません」
ということをこれから説明していきたいと思います。

ベラジョンはイカサマを行えない理由その1

まず取り上げたいのが
インターネットカジノゲームには
RNGと呼ばれる完全にランダムに結果を出すシステムが組み込まれています。

ラスベガスやマカオなどのランドカジノにも
このRNGというシステムが利用されています。

そして重要なのは
このRNGのシステムがベラジョンでイカサマできないものか
そして実際に健全に利用されているのか

この2点が大事となります。

そこで大事となってくるのが
インターネットカジノを監視する機関の存在と
カジノライセンス(運営許可証)になります。

ベラジョンを含む全てのカジノがイカサマで
ないことをユーザーに信頼してもらうためにこのような機関があるわけです。

インターネットカジノを運営するためには
このカジノライセンスと監視期間への厳重チェックを
行うことが必須となり

当然のことながら
ベラジョンもマルタ政府によるLotteries and Gaming Autority(ロト・ ゲーミング機関)から
カジノライセンスを取得している健全なカジノです。

監査機関の存在

さてカジノ運営を行うにあたり
監査期間からの厳重チェックが必須となっており

代表的なものをあげると以下の3機関が有名です

  • eCOGRA
  • Technical Systems Testing(TST)
  • Price Water House Coopers

ベラジョンもこのような第三者機関による
厳重チェックが行われることで
ベラジョンでのイカサマや違法行為防止
それによるユーザーに対する信頼を得ているわけです。

日本でインターネットカジノをプレイすることについて

さてもうひとつベラジョンのイカサマの他にも
「そもそもギャンブルを日本でするんは違法行為なのではないか」

という疑問もよく取り上げられていますね。

ですが、その点に対する日本の現時点では
「具体的な法律」がまだ存在していない

というのが最も的確な答えになります

現時点ではベラジョンなどのインターネット上のカジノサイトで
遊ぶことを規制するような法律はないし、だからといって合法とみなしている
わけでもないんですね。

法律的には海外の運営側もカジノライセンスや監査機関による監視を行った
運営許可を持っているベラジョンに違法性があるということを問題にすることは
不可能でしょう。

またもうひとつの見方として
現在日本もようやくカジノを建設しようという方向(IR推進法案の提出)へと進んでおり
日本の首相である阿部さんも
「カジノを東京五輪と絡めた経済成長の重点策に位置付ける構え。」

というニュースが話題となっています。
さらに日本の大手ゲーム会社であるコナミが
着々とカジノ運営のためのこ会社「コナミゲーミングジャパン」を設立
との発表もありました。

このことからも
「そもそもギャンブルを日本でするんは違法行為なのではないか」

という疑問を持つこと自体が必要なくなってきつつあるように思われますね

以上ベラジョンのイカサマや違法性に関することについて
まとめてみました。

今インターネットカジノの中でも
ベラジョンは非常に人気の高いカジノとなっていますので
ぜひ無料登録から始めて見ることをおすすめします!