パチンコが衰退した理由ってなんでしょうかね?
自分が思うに今も昔も
パチンコは運のゲームだと思うのですが、

昔のパチンコには若干ですが
技術の介入する余地のようなものがあって、

ほんのちょっとだけ
「俺の力で勝ったぜウヒウヒウヒ」など
とうぬぼれたりできたところが
よかったのではないでしょうか。

で古きよき時代のパチンコといえばハネモノなんですが、
ハネモノの特徴として釘が
いい台は朝一で上手な常連が打ち止め

(一定量がでたからこの台は今日は
営業終了ですよって札が入ります)
になってしまって、

遅い時間の台は釘の渋い出ない台
ばっかりになってしまうという欠点がありました。

vyioguip
そこでこの京楽のたぬ吉くん(2だっけ)ですが、

センター役物のVゾーンに入賞すると
役物上部のデジタルが回転して
継続ラウンド数が決まるというハネモノ
デジタルのいいところをあわせたような機種でした。

自分が打った感じでは釘は甘めですがデジタルが辛めで、
長時間遊べるけど大勝はできないような台が多かったです。
こういう台をなくしてしまったのが
パチンコ衰退の一因のような気がします。

ベラジョンの存在が原因?

私が考えるにもう一つあるとおもいます。
それがオンラインカジノの発達、

流行してきたことではないでしょうか?
特にベラジョンの存在が大きくなっているとおもいます。

昨今のパチスロのひどさに辟易して
それであたらしいギャンブルを探していた結果

これを発見してどんどんこちらに
流れてしまっているとおもいます。

インターネットカジノでは
安定した軽い初当たりが望めますし
ジャックポットという一撃で100万円が
かるくもらえるプレミアムボーナスが存在します。

fuyioguio

最近のパチスロではプレミアム特化ゾーンのような
ものを引いたとしてもかるく
500枚とかで終わってしまうことも
ざらにありますからね。

しかも普通のボーナスが100枚ですからね。
ビックボーナス笑

最近よく言われているのが3万円突っ込んで
2000円帰ってくるだけ。
これが今のスロ界の現状です。

でしたら投資金額を抑えることができて
さらに一攫千金も夢ではないベラジョンをしてみませんか?